ドキドキハラハラ

 

 

 

先日の結婚写真の撮影も無事に終わり今回の依頼者にデータを渡してひと段落したところです。

 

依頼者である同級生も喜んでくれてホッとしました。

 

ただやっぱり見直すともうちょっとこうしたらいいなとか反省点もたくさんありました。

 

 

特にライティングですね。

 

初めて外で使いましたがやっぱ慣れてないのでイメージ通りに持っていくのが難しかった。

 

あと光の当て方かな。後で見直すと光が綺麗に当たってないとか細々したところ。

 

 

んー色々考えると止まらない笑

 

でも喜んでもらえたので最低限の自分の仕事はこなした感はある。

 

嬉しいよね喜ばれると。

 

 

反省点も多いけど良かったこと学んだことももちろんある。

 

 

普段からスナップが主で撮っているけど次の三点

 

  • タイミング
  • 踏み込み

 

はかなり気を使ってる。

 

ペーペーが何を言ってるんだと言う人もいるだろうけど。

自分的にはこの三つが特に大事かなって思ってる。

 

特にタイミング。

 

『おっ!いい感じ!』

 

と思って撮った時にはもう遅い笑

 

あーこうなりそうだなって思ってあらかじめフレーミング、絞り、ピントなどの設定をしてないとだいたい撮れてない。

 

次に起こる事象を予測してないと。

 

それに余裕ができてくるとフレーミングとか光に幅が広がってもっといい写真が撮れてくると思う。

 

そこがいちばんの面白いところかなスナップの。

 

 

踏み込み。

 

あれだよね。

 

どれだけ相手のATフィールド内に踏み込めるかだよね。

 

カメラマンとして頼まれてるのなら踏み込みやすい。

 

けどストリートで全く知らない人をフレーミング内に収めたい時。

 

ちょー難しい。

 

ここの考えはあまり言うと突っ込まれそうなのであまり語らないけど。

 

いろんなところから怒られそうだし。

 

 

何が言いたいかって思ったよりさらに一歩踏み込むともっといい写真になる。

 

・・・と自分の心の中にいつも思ってます。永遠の課題です。

 

 

といろんなこと思いながらいつも撮ってます。

 

 

これからもいろんな撮影あると思うから。

 

 

こう言う撮影一つ一つを経験に。

 

 

楽しんでシャッターを切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す