ついにオールドレンズの世界へ

以前から少しづつ興味を持ってましたオールドレンズ。

ここ最近気分転換に欲しくなって調べてみるとたくさん出てくる出てくる。

その中でも気になったレンズをヤフオクでドナドナしました笑

IMG_3765

そのレンズかこのHelios(ヘリオス)44-2 58mm F2。

 Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm F2.0のコピーレンズとして有名でこの本家BIOTARは約5万円ぐらい、自分が今回ゲットしたHeliosは約5000円で手に入る魅惑のロシアンレンズです。

ただやはりこのレンズをこのままX-E2に使えるわけではありません。

一番の問題はマウントの問題。

FUJIFILMのX-E2はXマウント

IMG_3775

他のメーカのレンズ交換式使ってるなら多分わかるとは思うんですがレンズを回すとちゃんとロックがカチッとかかるタイプですね。(伝わるかどうかは難しい笑)

 

逆にHeliosはM42マウント

IMG_3777

スクリューマウントと呼ばれていてネジを付けるみたいににくるくるレンズを3周ぐらい回してつける感じですね。

いやこのままじゃつかないんですよ。

その問題を解決してくれるのはこちら

IMG_3766

レンズアダプター!!!

M42マウントをXマウントに変換できる優れものです。

これも値段はピンキリなんですがまぁ初めてなので安いものを買いました。約2000円笑

これをレンズと合体すると

IMG_3769

こんな感じです。

さらにX-E2と合体!!!

IMG_3768

かっこいい…のか?笑

フード付けたらカッコよくなるかも

 

格好はおいといて…

1970年代のレンズなのでもちろん絞りもピントもマニュアル。

このアナログ感がたまらないのですが…笑

と、数分遊んでると問題発生

『しゃ、シャッターが切れん汗』

パニックです。事前に調べた時にはそんなこと書いてなかったので。。。

しかしもう一度冷静になってググってみるとでてきました。

FUJIFILMの取説にも笑

IMG_3770

メニューの一番下レンズなしレリーズを『ON』にして

その上のマウントアダプター設定を58mmに設定。

すると『カシャ』っと無事使えるようになりました笑

 

こうなってくると早く撮りに行きたい!!!

次の休み晴れるといいなぁ…

コメントを残す