Contax IIIaのケースが欲しい理由

実は購入してからあまり使う機会が少なかったContax IIIa。

その理由は正面にぶら下げて使ってる時に気づきました…

DSCF8119

カメラの革の塗料が剥げて自分の服へと色移りしてました…笑

 

 

DSCF8116

段々と剥げていきます…汗 

このまま色が剥げるのも嫌だし服に色が移るのも嫌だしどうにかしたいと思ってました。

 

 

困った時の「カメラのゴゴー商会」

こういう問題をネットで調べてもライカとかの話題しか出てこない笑

埒が明かなくなったのでお店の人に聞いてみようということで博多に行くついでに冷泉公園近くの「カメラのゴゴー商会」さんへ。

ここは自分がこのⅢaを買った時にクラシックフィルムカメラの右も左もわからない時に色々とよくしてくれたお店でそれからちょくちょく行くようになったお店です。

 

外観はこんな感じですぐにカメラ屋さんとわかります笑

DSCF8012

 

 

中にはクラシックカメラが沢山販売されていて

DSCF8004

 

 

カメラに関わっているなら一度は聞いたことのあるだろうLEICAももちろんありとても状態がいいです。DSCF7999

 

 

いつもお世話になってる店員のお二人

DSCF7995

 

 

話を聞いたところ革を張り替えるのもあるみたいだけど裏の「ZEISS IKON」の印が消えるのがもったいないのでカメラケースの方がいいのではないかとのこと

詳しく聞くとハンドメイドでクラシックカメラなどのカメラケースを作ってるところがあるみたいで色なども選べるカスタムオーダーもできるみたいです。

そこを紹介してもらい入荷の連絡が来たので後日受け取りに行きました。

カメラ.ヒラノというお店らしくネットで調べると沢山の種類のカメラケースを販売してました。

 

受け取った後早速取り付け

 

 

Before

DSCF8115

 

 

After

DSCF8120

 

 

色が移ってた裏側も

DSCF8116

 

 

いい感じで隠れました

DSCF8121

 

 

底面にある取り付けのネジの位置も簡単でフッティングもちょうどよかったです。

素材も、使いこなすほど味が出るなめしの牛革(ヌメとクローム)を使ってるらしく高級感もあります。

値段は15000円でクオリティと他に作ってるところがない(多分)ことを考えるととても安いと思います。

 

同じ悩みを抱えてる方がいらっしゃったら是非購入してみてはいかがでしょうか?

 

問題も無事解決したのでこれからバシバシとこのカメラを持ち出していきたいと思います!

コメントを残す