衝撃的な出会い

 

 

KYOTOGRAPHIEのことについてちょっとずつ話していこうと思います。

 

といっても速攻KYOTOGRAPHIEのプログラムではないんですがKYOTOGRAPHIEのサテライトイベントとして開催されていたKG+でのプログラムでもあるSIGMA Satellite Galleryであった「伊丹豪 特別展 with FOVEON」。

 

こんなペーペーでもいろんな写真関係の本を見てると目に入ってくる時々気になってた写真家です。

 

たまたま今回のSIGMAでの展示であるということで見にいってみることにしました。

 

 

正直。

 

衝撃を受けました。

 

当時何もこの展示に自分の言葉で語れないことについての衝撃。

 

アートを見たときに近い感覚。

 

 

この展示を見終わって熱が冷めず近くの喫茶店で伊丹豪という写真家についてじっくりと調べました。

伊丹豪氏の写真家としての考え方。向き合い方。とても素晴らしいと思います。

 

海外ばかり目を向けていた自分にとってはとても灯台下暗しというか(使い方合ってるかわからない)

 

とても自分としての考えが変わりました。

 

早速写真集も買いましたけどね笑

 

また写真集の作りもすごいというか。コンセプトがとてもいい。

 

ちょっとづつ紹介できたらいいなと思います。

 

 

これからも伊丹豪という写真家を追って行きたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す